銀行の手続き時の印鑑の必要性

イメージ画像

銀行の窓口で取り扱いを行うと銀行印が必要になります。
これは銀行を利用している方ならだれもが分かることだと思います。
しかし最近この銀行印の代わりにサインで代用する仕組みを取り入れている銀行もあるといいます。
この仕組みの場合は銀行にいちいち印鑑を持っていく必要が無いので手間は省けますね。

それとセキュリティの面でも安心かもしれません。
万が一通帳が盗難にあったとしてもサインが無ければお金を引き下ろせないのです。
サインがOKだとこうしたメリットがあるのですね。

では逆にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
それはサインを覚えておかなければならないということがあります。
自分のサインだから忘れるわけないと思うかもしれません。

しかしそう単純ではないようです。
印鑑を押す場合は丸印の中に押せばいいので間違えることはほぼないでしょう。
しかしサインの場合は丸印の中になかなか収めにくくなるので2段、3段になってしまいます。
この段数も覚えて置かなければならないのです。
もしその段数が異なっていた場合はサイン配列相違となってしまい取引を行うことができません。
しかも一度忘れたサイン配列を思い出すというのはなかなか難しいのかもしれません。

こうしたそれぞれのメリット、デメリットを見るとどちらがいいのか判断がつきにくくなりますね。
いっそのこと科学がさらに進歩して指紋、網膜などで出来れば手っ取り早いのですが。
そうした未来になるのはあと何年先になるのでしょうか。

〔話題のおすすめ通販サイト〕
実印をはじめとする印鑑の総合店【日本印章社】では、
プロが選んだ、高級印材を使用して印鑑を作成・販売しています。
個人のはんこから、会社の実印まで印鑑の作成なら日本印章社へ。

このページの先頭へ