日本独自の書体など

篆書体イメージ

印鑑を購入する時、まず気になるのが印鑑の書体ではないでしょうか?
認印は、苗字を縦に彫るのが一般的ですが、現在ではいろいろな形のものがあります。
日常生活で最も多く使用する認印は、人の目に触れることも多く、本人のイメージとなります。
認印は苗字を縦に読むように彫るのが一般的ですが、最近は動物のイラストなどを加えて作る認印が人気を集めているようです。

ではどんな書体の認印が人気があるのでしょうか?

書体は主に、「古印体(こいんたい)」、「楷書体(かいしょたい)」、「篆書体(てんしょたい)」、「隷書体(れいしょたい)」、 「印相対(いんそうたい)」、「行書体(ぎょうしょたい)」、「吉相体(きっそうたい)」、「草書体(そうしょたい)」などがあります。

この中で認印として人気があるのは「古印体」、「楷書体」、「行書体」です。
「古印体」は、とても読みやすく文字がどっしりとした肉太で、枠に対して大きく構成されており日本独特の書体です。

これは日本独自の書体で、日本古来の古雅を感じることのできる書体です。

また、錆付いたような文字が基本ということもあり、独特の文字の線の強弱や途中での文字の途切れ具合が特徴です。
この「古印体」は一番人気があります。
サインではこういったものを表現できませんから、印鑑の良い魅力といえますね。
ちなみに銀行印は偽造が難しいものが好まれますよ。

そして「楷書体」は、隷書体をさらに見やすく筆書き風にアレンジした書体です。
整然と美しい書体で、一般的にも多く使用されています。
筆運びが明確で、書道や教科書などでなじみがあります。
毅然とした字形は時代を問わず多くの人々に親しまれています。

そして最後が「行書体」です。
これは、「楷書体」を崩した感じの書体で、古来中国で生まれた書体です。
なめらかで流麗な書体で柔らかなイメージの書体が人気を集めています。

〔おすすめサイトピックアップ!〕

高品質なだけでなくサービスが充実!
印影デザイン確認サービスでどのような印鑑になるか見てわかるから安心!

値段以上の満足感は印鑑ネットから

ページの先頭へ