印鑑登録・印鑑証明について

イメージ画像

まず、「印鑑登録」と「印鑑証明書」についてお話したいと思います。

「印鑑登録」とは自分だけの印鑑を作成し、その印鑑を役所などで登録し、
登録された印鑑は本人のものです、と証明するためのものです。

「印鑑証明書」はその登録した印鑑を書面で証明したものです。
印鑑証明書は自動車を購入したり、不動産関係などに使用するとても貴重な書類です。

なぜ実印や印鑑証明書が重要なのでしょうか?
それは地方公共団体に対して「私自身が登録した印鑑」であるという証明になるからです。
つまり第3者が本人の印鑑の正当性を保証しているのです。
では登録する印鑑はどんな印鑑でもよいのでしょうか?

それはどこにでも売っているような認印や三文判ではいけません。
何故かというと、どこにでも売っている印鑑では危険が多すぎるからです。
例えば勝手に印鑑登録を変更され、悪用される可能性があるからです。
当然サインだけでも駄目です。銀行印を実印として登録しているのならOKです。

そういうトラブルを避けるため、自分だけの印鑑をはんこ屋さんに行って作成してもらいます。
その登録した印鑑を「実印」と言います。
印鑑証明書は企業の取引でも使用されることが多いです。
特に政府などで義務付けられているわけではありませんが、
企業の売買や契約時に頻繁に利用されています。

それはありとあらゆる取引で「信用」そして
「信頼できる第3者の信用力」がベースになっているからです。

そういう意味でも「印鑑証明」は、あまりコストをかけずに
取引においてお互いが「信用」を確認することができる、
とても理にかなった習慣と言えるのかも知れません。



ブックマークサイト

印鑑を買うときには、ここのサイトを参考にされることをおすすめします。
個人から法人まで、印鑑選びのポイントが紹介されているページです。
http://www.nttx.co.jp/

このページの先頭へ