印鑑の情報をさぐる

イメージ画像

現在の日本では、印鑑はとても重要で必要性のあるものになっています。
では認印にはどんな種類のものがあり、人気があるのでしょうか?

まず、認印とはどんなのもなのでしょうか?

認印は実印と違い、印鑑を登録する必要がありません。サインのかわりですね。

宅配物の受け取りや書類確認の捺印など、印鑑の中で一番使用する頻度が高いのが認印です。

既製品の三文判の印鑑は、認印としてよく利用されます。
ちなみに銀行印は制約がすくないため、三文判でも登録はできますよ。

まず、印材にはどんなものがあるのでしょうか?
印材には「柘(つげ)」、「黒水牛 芯持(くろすいぎゅう しんもち)」、
「黒楓(くろかえで)」、「オランダ水牛」、「象牙(ぞうげ)」、「チタン」など様々な種類があります。

「柘(つげ)」は、印鑑に適した硬さを持つ材質で、価格的にも一番求めやすく、
木の温かみのある質感なので、とても人気があります。
女性に人気の印材は飴色の優しい色合いが上品な「オランダ水牛」は人気です。
男性には耐久性があり印肉がつきやすく、肉離れのよい「チタン」が人気です。

次はサイズです。
一般的に使用されている認印のサイズは12mm~13.5mmのものが多く利用されています。
認印のサイズとしてお勧めしているのは、男性には12.0mm、女性には10.5mmです。
特に認印にはサイズの指定はありませんが、持ちやすさ、
使いやすさでいうとこのサイズになります。
13.5mmというサイズもありますが、女性には大きすぎるため、
あまり適しているとは言えません。

もしあなたが印鑑を作成する場合、どんな印鑑にしますか?
ですね。

このページの先頭へ